2008年10月09日

蓄熱暖房機 

先日、top_ph02.jpg

蓄暖VS床暖              蓄熱暖房機(これはAEGの物)


で迷ってたんだけど、蓄暖について先生に聞いてみた。 
     
その回答。

@こっぺのお家は複雑な間取りだので、蓄暖を置く場所がムズイ。
A蓄暖取り扱ってるメーカーは2社のみ。(それ以外は多分高い) 
Bメーカーに熱効率の計算をして貰ってからじゃないと見積出せぬ。


だってぇ。

ふ〜ん。。。

まず@について
間取りねぇ。確かに複雑だわ。LDK〜2Fまでの吹き抜け。
ぜ〜んぶ繋がってるからね。ただの吹き抜けとちょっと違うし。
ってゆーかDKは中2階で、Lとの段差が140cm!!
文章で書いてても判らないね。
ちなみにLDKで22畳。
とにかく反バリアフリーなデザイン重視の危険なお宅です。
こっぺ的には設置する場所決めちゃってあるんだけどね♪


そしてA
AEG
白山製作所
AEGはドイツの会社。日本スティーベルOEM製品。取り扱いはAEG本家本元の方。
自動的にこの2台からしか選べない事態となりました。

最後にB
早速上記2社に間取図渡して熱効率の計算してもらったさ。
AEG    →間取りが複雑なので計算に時間が掛かります。
白山製作所→はい!よろこんでぇ♪

ってことで、

白山製作所の結果は

リビング   3kw 1台
ダイニング 5kw 1台



2台かよ(~口~)あせあせ(飛び散る汗)


値段もそれなりに跳ね上がり(知りたい人はメールくださいな♪)

ちょっとキツイなぁって感じ。工賃込みですけど。

でも、メーカーが出して来る数字は極限の状態の数値で出してくるから

2台設置しなくても何とか行けそうな感じもする。

こっぺの予想は

リビングに7kw1台設置

って按配だったのに(T曲T)

週末にAEGの見積もり結果出るんで、

それ見て考えます。



にほんブログ村 住まいブログへ
posted by こっぺ at 10:28| 🌁| Comment(0) | 蓄暖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

床暖房VS蓄熱暖房

床暖房を色々調べていると

ある暖房機の評判がすこぶる良い事に気付きました。

情報源は

おしえて!HOME’S君

前々からお世話になってたけど、今回は

思わず登録して質問とかしちゃいましたよ。

皆さんレスポンス早くかなり助かりました。

この場を借りてもう一度お礼をいいます。

ありがとうございました。



そこで、こっぺが目にした情報。

それは


蓄熱暖房機!!
電気料金が割安な深夜にレンガ等の蓄熱材に熱を蓄え、
昼間に自然放熱して快適室温を作り、寒い冬の朝もポッカポカ。



だそうです。

寒い地方では当たり前の暖房機みたいですね〜

こっぺが生息している東海地方ではまだまだメジャーでは無い様で。

そしてオール電化住宅にはモッテコイな暖房。

こっぺん家は、もちオール電化。

使ってる人によると、【ポッカポカ】ってのはちょっと…みたい。

だけどもだけど

すこぶる調子が良いらしい。

暖かくは無いんですが

寒くないんです!!


簡単に言うと


@一時暖かい床暖房


A24時間寒くない蓄熱暖房


※両方エアコンを併用
※イニシャルコストは似たようなもん
※ランニングコストも似たようなもん

かなり迷ってます。

回答を下さった方曰く

初めにしか出来ない床暖房を取り合えず入れて、今後の為に蓄暖用の床補強と200V配線をしておいたらどお?

って感じでした。

その方は床暖・蓄暖 両方有るそうです。

リッチ〜♪

うちの場合は¥の問題でどっちか1個。

後々付けるのは無理そう。

その金を繰り上げ返済に…

って思ってしまいそうで。

さてこっぺ!

@かAどっちにしゅる!?


にほんブログ村 住まいブログへ






posted by こっぺ at 11:33| 🌁| Comment(0) | 蓄暖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 住まいブログへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。